出会いがビジネスになる時代が到来しています。婚活パーティーや相席居酒屋など、ターゲット層や婚活目的や恋活目的など、違いはたくさんありますが、多くの男女が出会いを求めているいるのが現状です。世の中にはいま、どんな出会いのビジネスやイベントがあるのか!?

SNSは出会いの場にもなりうるサービス

SNSと一口に言っても現在は非常に多様化しており、基本は実名登録で日記代わり使う人も多いFacebookや気軽な短文投稿やメッセージのやりとりも楽しめるTwitterなどがあります。
この2つを比較しただけでもかなり雰囲気が違い、写真や動画投稿がメインのSNSではさらにシンプルな交流サイトといったムードがあります。
SNSが出会いの場として注目されるのは、その多くが出会いの場として提供されているサービスではなく、インターネット上での交流を楽しむことがメインとされているからこそと言えます。

女性の場合、良い出会いを経て恋愛や結婚に結び付けたいと考えていても、始めからそういった相手を見つけるための出会いを目的にしているサービスのサイトには登録しにくいという抵抗感を持つ人が少なくありません。
一つにはそういった場で出会う相手であっても焦っていると思われたくないといった心理がある上、必死に相手を探しているような人との作為的な出会いに対して抵抗感を抱くこともあります。

恋の相手を探しながらも出会い専用のサイトに及び腰になるのは、お膳立てされたかのような出会いでは運命が感じられないといった理由も見え隠れしています。
その点FacebookやTwitterなどネット上の交流がメインで、出会うこと自体が主目的ではないサイトでは、趣味や共感の方面から距離を縮めた上で満を持してリアルでの出会いを果たすといった流れが期待できます。
実際に出会うまでの間に好意を抱くケースが多い上に不特定多数の交流の中にあって、自然な流れの中でお互いに出会ったのも運命と考えることも可能です。

Twitterのほうはどちらかと言えば不特定多数の人とすぐに相互フォローなどで繋がることができます。
Facebookのほうは現実においても知り合いでなければ友達申請を受け付けていない人も少なくないため、自分の親しい人の友人知人であれば自分自身は現実に会ったことが無くても多少の安心感を抱くことが出来ます。
プロフィールの内容から相手の職業や趣味嗜好を知ることも出来るため、共通の趣味を持っていてネット上と現実との実像にもさほどギャップが無い人を探しやすい面もあります。

出会うこと自体が第一目的のサービスではないからこそSNSで交流を深めてからの現実での出会いは、ナチュラルな流れの中で出会うに至ったというムードも感じられ、運命の相手と思いやすい面もあります。
SNSはお互いの趣味嗜好やライフスタイルについて自然に理解を深め合うことができるツールでもあるため、リアルな場で出会った時の会話が弾みやすい点も大きなメリットと言えます。