出会いがビジネスになる時代が到来しています。婚活パーティーや相席居酒屋など、ターゲット層や婚活目的や恋活目的など、違いはたくさんありますが、多くの男女が出会いを求めているいるのが現状です。世の中にはいま、どんな出会いのビジネスやイベントがあるのか!?

平成になり、結婚する若者が減少の一途を辿っています。
50歳時点で一度も結婚していない人の割合ことを「生涯未婚率」と呼ぶのです。
2015年国勢調査でのデーターでは、男性23%、女性14.6%という結果でした。
つまり男性の4人に一人、女性の7人に一人が生涯未婚であるということです。
およそ20年前と比較し、2.5倍近く上昇しているのです。
ただでさえ少子高齢化が懸念されているというのに、これでは日本の将来はどうなってしまうのかと誰もが感じる不安かと思われます。
それなのに、20代から30代の若者への調査でも恋人のいない率も高くなっていて、しかもそれに対し特に寂しさや不便さを感じていない人も多いのです。

また、核家族化により単身世帯が増加してきました。
スーパーなどに行くと、一人分の惣菜やカットした野菜がところ狭しと並んでいるのをみかけます。
それだけおひとり様からの需要が高いのでしょう。
一人暮らしに慣れてしまうと、寂しさよりも人と密にかかわることへのわずらわしさを感じることが多いようです。
お金も一人なら自由に使えますが、結婚し所帯を持つとなると、小遣いも減り、時間や行動も制約されてしまいます。
異性との出会いは、3つのing、タイミング、ハプニング、フィーリングが揃って成立すると言う人がいました。
その3つのingを提供するのが結婚相談業や出会い縁結び業、仲人会社でしょう。
各市町村など行政でも積極的に取り組んでいます。
農村など嫁不足が心配されるところでは、バスツアーで日帰り旅行を提供したり、ホテルでのビュッフェパーティーを企画したりと熱心です。
成婚率は10%に満たないという統計がありますが、それでも良いきっかけとなり、結婚へのモチベーションを上げるのではないでしょうか。
たとえ恋愛に興味はなくても、これからの人生を一緒に歩むパートナー探しをとコーディネーターを求めて入会されるのも良いかと思います。
20代から30代の親といえば、まだ50代から60代くらいで現役で働いている人が多いと予想します。
フリーターやニートなど親のすねをかじっている若者も多いようです。

貯金がないのでとても結婚は考えられないと思っていつようですが、親としては孫の顔も見たいし、介護が必要となった時の不安などもあり、家系を維持するためにも結婚する相手を見つけてほしいと願っているようです。
親が結婚相談に来てこどもの相手を探すことは昔からありました。
しかし、本人にその気がなければ徒労に終わってしまうのですよね。

朝日新聞も出会いビジネスに乗り出す?

朝日新聞も出会いビジネスに乗り出しているというニュースを聞き驚きました。
「ミーティングテラス」というものでした。
ミーティングテラスの3つの特徴としては、朝日新聞が主催の40歳以上の独身男女のために提供する安心で安全なサービスです。
結婚のみにとらわれない自由な形のパートナー探しや豊かな時間を過ごせるための多彩な交流会という指針を挙げています。
新聞社らしく学識を高めるために提供するセミナーには、著名人や講師を呼んでワイン、金融、経済などが学ぶ事ができ、その後の交流会で親睦を深めることができます。
他に見学会、食事会などのお楽しみ交流や趣味やカテゴリー別のグループ交流会など、結構充実したプログラムが満載です。
webでの申し込みが可能で、webの場合入会費は男女とも39,800 円、さらに月会費が9,800円かかりますが、これは月一回の交流会日として換算されます。
仲人業会とは違って、あくまで出会いの場所、企画により、自ら相手を探す場としているので、無理な押し付けや強制はありません。
成婚すると退会となりこれはどこでも同じなのです。

朝日新聞といえば硬いイメージがあり、ビジネス的な匂いのする出会い業へ乗り出すとは誰も思わなかったでしょう。
しかし、新聞は時代を読む一番の教科書。
出会いの場をより良い情報を繰り出しながら提供するのは理に適っています。
恋愛をするチャンスやスキルはなくても、マッチングを求めている男女は多く潜在するでしょう。
民間の会社に比べ、信頼も高いことと思います。
おおよそ1対1の男女比でありながら何故出会いの場がないのでしょう。
動物なら盛りの時期があり、フェロモンを放出しながら相手を探します。
人間も出会いの場をまず獲得することでパートナーを見つけるために繋がりを求める行動力が必要なのでしょう。

これからの時代を生き抜くためには一人より二人、40歳を超えて子孫を持つのは難しいです。
しかし、出会いの場所でマッチングを成功させ、素敵なパートナーと巡り合うことができたらどんなに素晴らしいことでしょう。
東日本大震災の後には結婚する比率が増えたという統計がありました。
人は窮地に陥った時が本当に人との繋がりを求めてやまないのでしょう。
入会をすることで、自分が何を求めているのか認識できます。
互いにとって必要な存在として、心地よい時間を過ごす相手として、できれば成長しあえるような関係作りをしたいものです。
心から素敵なパートナーとの成立を期待しています。